バルト海を愛する–受賞歴のある水中写真家PekkaTuuriへのインタビュー

Pekka Tuuriは、フィンランドのエスポーで受賞した水中写真家です。彼のバックグラウンドはエンジニアリングですが、現在、彼は人生の大部分を水中で過ごし、フィンランドのバルト海と湖の美しく、めったに見られない世界を捉えています。

彼の写真への情熱は、彼が家族の庭で花を撮影していたときに、子供の頃から始まっていました。ペッカにとって、写真はさまざまな体験を向上させ、より多くのことを見て、思い出をとらえる方法です。

Pekka Tuuri underwater photographer

水中写真は、ペッカが紅海のオスク・プウキラの写真に触発された1994年にすでに始まりました。ダイビングペッカは1989年にすでに始まっています。現在、トゥウリはあまり頻繁に撮影されていないフィンランドの水中自然を主に撮影しています。これまでに撮影されたことのないフィンランドの海域で新しい写真を撮ることができます。フィンランドでは一年中ダイビングが可能で、写真撮影はダイビング旅行だけに限定する必要はありません。ペッカは言います。ka says.

ペッカでダイビングや写真を撮るのに好きな場所は、ハンコと群島です。写真を撮るのに最も澄んだ海とたくさんの海洋生物を見つけることができます。主にバルト海は、大きな海洋生物や色とりどりのサンゴがないので、ダイバーに小さなものを鑑賞するように教えています。ペッカにとって、自然を追いかけ、写真を撮ることは彼の好奇心を満たし、毎日花火である必要のない平和な日常生活を教えてくれます。しかし、彼は、バルト海は、何か違ったエキサイティングなものになる可能性のある木製の難破船をダイビングするのに世界で最高の場所であると述べています。.

Underwater Hanko

バルト海はペッカトゥウリにとって大きな意味があります。それは彼の心の中で最も重要な場所と風景です。バルト海の波、群島の岩だらけの島々、そして水中の自然は、このエンジニアでさえも感情的になるものです。これが彼がバルト海を保護し救う努力を支援したい理由です。

ダイビング中、ペッカは海に影響を与える富栄養化の問題を見てきました。一部の在来海洋生物種の量は劇的に減少し、他の種は増加しています。富栄養化を減らすために良い行動がとられてきましたが、もっとやらなければならない、とペッカは言います。藍藻の代わりに、彼は糸状の藻を彼の最悪の敵と名付け、それは彼の周りにこれらの藻が少ないときに彼の海のダイビングを制限することを強制します。

ペッカは、個人として私たちが全体的な消費を制限し、持続可能な生き方にもっと焦点を合わせるために、より多くの行動を取ることを奨励しています。これらはおそらくバルト海に直接的な影響を与えることはありませんが、一般的に私たちの焦点を自然の保護に移し、バルト海に間接的な影響を及ぼします。本当に効果を上げるには、バルト海地域全体で水洗浄システムを大幅に改善する必要があると彼は言います。

インタビューと私たちのバルト海の救済プロジェクトを支援してくれたペッカに感謝します!あなたはより多くのペッカが取り組んでいるのを見ることができます 彼のウェブサイト またはFacebookグループで水中フィンランド

Weekendbeeはバルト海の保護をサポートしています。 S私たちのホップバルト海コレクション ここで、購入ごとに5つがバルト海アクショングループに寄付されます。.

 


コメントを残す

コメントは公開する前に承認する必要があることに注意してください

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。